JR全線全駅の駅舎をめぐる鉄道の旅!全駅下車をめざしつつ駅舎の写真・画像を紹介します!秘境駅も満載

室蘭本線

2007年06月09日

室蘭本線下車の旅(その4)志文駅・遠浅駅・沼ノ端駅

室蘭本線・志文駅ホーム11418栗山駅を出て、1433志文駅に到着。

岩見沢駅の隣だというのに、
ずいぶん長閑な雰囲気が漂う駅です。

不自然に広い駅構内を見ると、
昔は何本もの側線があったことが想像できます。

室蘭本線・志文駅ホーム2ホームの端の方にある歩道橋の形からも
それがうかがい知れます。

駅舎は特に面白みはありませんが、
跨線橋は古い木造で、これは見応えがあります。

志文駅の駅前は閑静な住宅街。
また駅舎の反対側は広大な畑になっています。

志文駅跨線橋の中次の列車が来るまで時間がかなりあったので、
私は跨線橋を支える古レールを観察して時間を潰しました。


続きを読む

2007年06月02日

室蘭本線下車の旅(その3)栗沢駅・栗丘駅・栗山駅

室蘭本線・栗沢駅ホーム古山駅を出て、11:47 栗沢駅に下車。

この付近の駅は「栗」が付く駅名が並びます。
栗沢駅、栗丘駅、栗山駅と・・・。
栗シリーズとでも言いましょうか。

下車計画を立てるときや、実際下車するときは、
混乱しそうで神経を使います。

室蘭本線・栗沢駅 駅舎栗沢駅のホームは単式1面1線。

もとはもう一つホームがあった跡があり、
跨線橋には閉鎖された階段が残っていました。

その橋には駅舎の反対側へ抜ける階段が
後から付け足されていて、自由通路になっています。

駅舎は無人ですが、中はわりと広く、
イスには横になれるスペースもありました。

駅前を少し出ると、店や銀行などがある通りがあります。

続きを読む

2007年05月26日

室蘭本線下車の旅(その2)早来駅・由仁駅・三川駅・古山駅

安平駅で1時間半を過ごした後、
早来駅に到着。

今度はこの駅では9分しか余裕がありません。
計画段階でもちょっとこれはいかがなものか、
とは思っていたのですけど、
まあ、無理だったらまた来ればいいや、
と開き直って計画しました。

多分7分だったら別の予定を立てていたけれど、
でも9分て意外と長いんですよね。

早来駅駅舎内さて、ホームを見る前に、
まず駅舎内に入って中を観察。

駅舎の待合室とは別に、土産屋のような
お店が入居しているのに気が付きました。

一応そこで切符も販売されているようです。

室蘭本線・早来駅 駅舎駅前はきれいに舗装されたロータリー。
バス乗り場も備わっています。

駅舎はテナントが入っているぶん大きめで、
出入口は左右に2カ所あります。
右側が待合室とホーム出入口です。

で、再びホームに戻ります。

早来駅ホームホームはやたらと広々としています。
シンプルな相対式2面2線ですが、
とにかくホームが長い。

それと向かいのホームの先には川があるためか
家並みが全くなく、それが余計に構内を広く見せている気もします。

古い跨線橋を渡って、次の列車に乗り込みました。

続きを読む

2007年05月21日

室蘭本線下車の旅(その1)岩見沢駅・安平駅

北海道の道央圏には、
「一日散歩きっぷ」
というフリー切符があります。

これは、土日祝日のみ使えるフリー切符で、

札沼線、日高本線、千歳線石勝線
函館本線(長万部〜滝川間)
根室本線(滝川〜新得間)
富良野線(富良野〜美瑛間)
室蘭本線(長万部〜岩見沢および室蘭支線)

が、乗り降りし放題という、
私のような駅訪問を志す人間にとっては
ある意味最強の切符です。

しかも価格は 2,040円と、
18切符の1日分より安い。

この切符使うのが夢だったんだですよ(笑)


ということで、
私はこれからこの切符を使いまくって、
道央圏の駅を下車しまくりたいと思います。

続きを読む


JR全線全駅の駅舎の写真・画像を紹介。時刻表・路線図と格闘の末めぐる鉄道の旅!秘境駅も満載