JR全線全駅の駅舎をめぐる鉄道の旅!全駅下車をめざしつつ駅舎の写真・画像を紹介します!秘境駅も満載

駅訪問日記

2011年01月12日

鶴見線全駅下車完了

鶴見線の国道駅鶴見小野駅弁天橋駅新芝浦駅
海芝浦駅大川駅の画像を追加しました。

これで鶴見線の全駅がようやく揃った形です。


鶴見線のページ


鶴見線は古い駅舎が残っている駅が多いので、
どこで下車しても大変面白い。


一般客が下車できない駅として有名な
海芝浦駅に初訪問しましたが、
個人的にはあまり感動はなく、
海沿いの駅という似た様な立地という意味では、
隣の新芝浦駅の方がずっと感動が大きかった。

やはり古い駅舎や木造上家が残っているという点は大きい。

古い木造駅舎が残る駅でまとめると、
鶴見小野駅弁天橋駅安善駅武蔵白石駅
昭和駅新芝浦駅大川駅

木造駅舎ではないものの、
国道駅は、開業当時からのコンクリート高架駅で、
その古臭い雰囲気は震えが来るほどの感動を覚えます。

ちなみに国道駅の開業日は1930年(昭和5年)10月28日ですが、
駅に付いている建物財産表には『昭和4年10月』と書かれていました。
(改札上部とトイレの2箇所にありました)

どの駅もたいへん個性的で面白いのですが、
個人的に一番のお気に入りは大川駅

ボロボロの小さな木造駅舎と、
廃線跡のように草に埋もれた線路がたまりません。

2位以下は甲乙付けがたいですが、
国道駅武蔵白石駅扇町駅新芝浦駅
といったところでしょうか。

昭和駅のこぢんまりとした駅舎も捨てがたいです。


2008年10月19日

礼受駅・留萌駅・増毛駅「留萌本線リベンジの旅(その10)」

幌糠駅に列車が到着16:46 幌糠駅に増毛行きの列車がやってきました。

そろそろ今日の旅も終盤だなぁと思いながら
列車に乗り込みました。

車内はそこそこの乗客がいて、
進行方向左側の二人掛けが空いていたので
そこに座って一息つきました。

続きを読む

2008年09月08日

幌糠駅「留萌本線リベンジの旅(その9)」

16:32 幌糠駅に下車。

留萌本線・幌糠駅ホーム単式1面1線の無人駅です。

線路の曲り具合を見ると、
かつては2面2線だった跡が見受けられます。

きっと交換可能だった頃の旧駅舎には、
何人もの駅員がいたのかもしれません。

今は取り壊された駅舎の基礎部分には、
車掌車駅舎が建っています。

続きを読む

2008年08月31日

藤山駅「留萌本線リベンジの旅(その8)」

大和田駅から国道沿いに歩き、
民家のない峠を越えます。

途中にはホテルの廃墟があったりと、
殺伐とした雰囲気が漂っていました。

道路沿いは街灯もないので、
暗くなったら歩けないだろうなと思う。

そもそも明るくても歩く人はいないのだろうけれど。

留萌本線・藤山駅の駅前から駅を見た光景そんな人気のない峠を下りきると道は平坦になり、
やがて民家がポツポツと見えてきて、
ようやく藤山駅に到着しました。

以前来たときは駅前に雪の山ができていたので、
駅前がこんなに平たい場所だったとは思いもよりませんでした。

続きを読む


JR全線全駅の駅舎の写真・画像を紹介。時刻表・路線図と格闘の末めぐる鉄道の旅!秘境駅も満載