JR全線全駅の駅舎をめぐる鉄道の旅!全駅下車をめざしつつ駅舎の写真・画像を紹介します!秘境駅も満載
2008年05月25日

伊納駅・納内駅「函館本線・滝川駅〜旭川駅間下車の旅(その4)」

函館本線・伊納駅ホーム12:38 伊納駅に下車。

ホームに降り立った瞬間、秘境駅かと思わせるような、
深い緑が駅を取り囲んでいました。

民家は駅前に数軒しか見えません。
すごい駅だな、と驚いていたのですが、
私が乗ってきた列車からは数人のギャルが下車し、
ヒールの音を響かせて跨線橋を渡って行きました。

・・・。

まあ駅周辺が閑散としていても、
1kmか2km先には街があるなんてこともありますからね。
きっとそういうことなのでしょう。

で、ホームは単式2面2線。
間に不自然な空間があいています。

跨線橋上から見た伊納駅ホームと周辺錆びまくった、きゃしゃな跨線橋の上に登ると、
周囲には絶景が広がっていました。

もともと線路が築堤上で高い位置なのに、
更にその上に跨線橋がまたいでいるので、
ひじょうに眺望がききます。

私は跨線橋上から、街はどこにあるのだろうと見渡してみました。

おそらく、かすかに見える橋の先の方だろうなぁ、
という感じはありましたが、確信には至りませんでした。



伊納駅 駅舎さて、ホームから少し長めの階段を下りると、
駅前には車掌車駅舎が2両置かれていました。

なぜ2両もあるんでしょうかね。
利用客が多かった時の為でしょうか。

中に入って確認したところ、
だいたいどちらも同じ感じでしたが、
ホーム寄りの待合室にだけ、
時刻表と料金表、そして暖房器具が設置されていました。

駅前は数件の民家と工場のような施設があるだけです。

旧線路跡そしてホーム沿いに旧線跡が残っています。
錆び付いた線路がかなりの長さで続いていました。

また、サイクリングロードになっている旧線跡を挟んで、
旧伊納駅ホームまで残っています。これはスゴイ。

しばらく線路跡をたどっていきましたが、
途中からはサイクリングロードが続いているだけで何もありません。

伊納駅旧プラットホームとサイクリングロード店も民家も無いことを確認して、
駅に引き返して行きました。

で、駅と周辺の観察を終えたことで集中力が切れ我に返ると、
あることに気がつきました。

あ、そういえば昼飯買い忘れた・・。
おまけに飲み物もない。
この炎天下に何やってんだ・・・。

函館本線沿いの滝川〜旭川間ということで、
もしかしたら考えに甘えがあったのかもしれません。

私は愕然としながら、よろよろ倒れ込むように
ホームへ続く階段に座り込みました。

今回は駅間徒歩がないので地図を持っていないから、
町がどの方向にあるかは分かりません。
たとえ町の方向が分かったところで、
店がある保証はどこにもありません。

やれやれだなぁと思う。

列車が来るまであと1時間あります。
その上、次の下車駅に行ったとしても、
食べ物と飲み物が買える保証は無いわけで。

北海道の駅は甘えがないことくらい百も承知なのに、
何でこんなミスをするかなぁと自分を責めるのでした。

照りつける太陽が、ジリジリと私の肌を焼きます。
日陰に行けば良いんだろうけど、
どっちかというと風通りの良い場所の方が涼しかったので、
日なたにいたのです。

それがまずかったのか、
私の体調は最悪な状態に進んでいっているのが
明確に自覚できました。

このままでは吐くだろうなぁ、やばいなぁ、
などと思いながら私は階段上で眠ってしまいました。

実は今日、寝てないんです。
(そりゃ体調も悪くなる)

結局30分くらい眠ったのですが、
体調はあまり良くなりませんでした。

で、その後なんとか次の列車に乗り込み、
シートにもたれてこの後どうするかを考えていました。

このまま帰ればいいのだろうけれど、
滝川駅〜旭川駅間はあと一駅なのです。

ここで諦めたら、後々面倒だ・・・・。

そんな考えが体調の悪さを上回り、
14:01 納内駅へと下車するのでした。

ホームの観察は後回しにし、
とりあえず駅舎内のベンチに座り込みました。

休めるのは良いのですが、のどが渇いて仕方ありません。
体が少し落ち着いたのを見計らって、駅前に出ました。

駅前には自販もコンビニもないのですが、
道沿いには建物が多く並んでいるので、
先に進めば何かあるだろうと思い歩き出しました。

少し歩くと自販機を発見。
浴びるように飲み物を流し込み、一息つきました。

食欲は完全になくなっていたので、
私は1本余計にスポーツドリンクを購入して駅に戻りました。

函館本線・納内駅 駅舎で、落ち着いたところでようやく駅観察です。

駅舎は新しく大きな建物で、
正面右側には深川市役所納内支所があり、
左側のスペースには講堂と書かれた部屋があって、
なにやら楽器の音が響いていました。

駅は完全な無人駅です。

納内駅の駅舎内ホームは、もとは2面3線あったようですが、
真ん中の線路が撤去されていて、
単式2面2線構造になっていました。

ホーム同士は古い跨線橋で結ばれています。

周辺にはかなり多くの住宅が並んでいるのが見えます。

納内駅ホームで、ひととおり駅を見終わった後、
頭上には分厚い雲が移動してきて、
突然の激しい雨を落としてきました。

あれだけ天気が良かったのに・・・。



深川駅の駅舎この後、私は深川駅に移動したのですが、
雨はそのまま降り続けていました。

深川駅前に出て駅舎を撮影していると、
傘を持たずにびしょ濡れになった高校生たちが
つぎつぎと現れては駅に向かっていました。

誰も今日、雨が降ると思わなかったのでしょう。
(私はいつでも折りたたみ傘を持っています)

深川駅1番ホームのベンチに座って特急列車を眺める深川駅を撮り終えた後、近くのコンビニに行って昼飯を購入。
ホームのベンチに座り、行き過ぎる列車たちを眺めながら、
遅い昼食をとりました。(現在16時)

本当はこの後、留萌本線の北一已駅にでも寄ろうかと思ってたのですが、
体が悲鳴を上げているので帰ることにします。

留萌本線は一度全部降りたのですが、
そのときはどの駅も雪に埋もれていたので、
いつかリベンジしないとなぁと思うのでした。



「函館本線・滝川駅〜旭川駅間下車の旅」終わり




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 砂日塚ノオ   2008年06月14日 20:45
5 つちぶたさん、こんばんは。

徹夜の後、朝早くから精力的に駅訪問されるとは…(絶句)
つちぶたさんは、タフですね。
私などは、駅訪問の旅先でもなかなか早起きすることができず
(ましてや、徹夜で駅訪問など!ちょっと記憶にないです)、
駅訪問するつもりで前夜ビジネスホテルに泊まり、次の日目覚めたら、
夕方だった、という情けない経験すらあります。

それはさておき、つい最近、このメルマガ登録をさせて頂いたのですが、
バックナンバーを遡って読んでいたところ、ひと月前の記事の中で、
何と、私のブログを紹介して下さっていることに今更ながら気付き、
大変恐縮しております。

ありがとうございました。
2. Posted by つちぶた   2008年06月15日 04:24
5
砂日塚ノオさん、こんばんは。

私はメチャクチャひ弱です(笑)ほんとに。
体質的に?どうしても夜型が治らなくて、
早く眠れないんですね。
いつも、気がついたら朝になっていて、
寝てないけど行かなくちゃ、という感じになってしまうんです。
あと神経質なのか、夜行列車でも眠れない(笑)
でも不思議と、旅先で体調を崩してリタイア、
というのは回数的に見るとそれほどないんです。
(駅前散策が出来なくなるのは毎度のことですが)
ひ弱ですが、基本的に健康なんですかねぇ。

メルマガ、ご登録いただき恐縮です。
毎週ノリで書いているのでお見苦しい点が多々あると思いますが・・。
(バックナンバーは怖くて読み返せません)
ブログを勝手に紹介してスミマセン<(_ _)>

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

JR全線全駅の駅舎の写真・画像を紹介。時刻表・路線図と格闘の末めぐる鉄道の旅!秘境駅も満載