JR全線全駅の駅舎をめぐる鉄道の旅!全駅下車をめざしつつ駅舎の写真・画像を紹介します!秘境駅も満載

2004年11月

2004年11月30日

さぼる理由は色々と・・・

blogはだいぶさぼっているんですが(毎日更新とか言っておきながら)
ホームページは結構毎日作って、更新してるんです。
微妙に。

駅を一駅一駅画像変換して修正して、
ってかなり時間がかかる。

一駅降りるより、一ページつくる方が時間が長い。

最近また気分が変わって、
全駅のページについてるHOMEとかのリンク表示を
変えようなどと考え出してしまい、
800ページやり直しかよ!!
なんて小さく叫んでます。
修正は、まあ気長にやろうかな。
だれも気がつかないだろうし・・・

それと同時に、
ホームページ作りたての時の
駅の画像がシャレになってないほど汚いなあと、
しみじみ感じてしまいました。

最初使ってたデジカメがもともと悪かったというのもあるけれど、
圧縮するソフトがまずかった、という理由もしかり、
古い映りのすこぶる悪いディスプレイで補正したから、
というのも原因で、

やり直したい・・・・・・・・・

否、ムリ。
少し前に液晶ディスプレイに変えたので、
余計画像の悪さがよく分るので気になって仕方がないんです。
け、れ、ど、
多分やり直しません。
暇だったら、、、
やるかな・・・。

2004年11月27日

3日坊主以下になった

日付が変わってしまったので
3日も経たないうちに「blog毎日更新キャンペーン」終了となってしまいました・・・。

まあ、・・・・いいか・・・。

昨日本屋に立ち読みしに行ったら、
「全駅名ルーツ辞典」なるものを発見。

全駅という言葉にめっぽう弱い私は、
中身も値段も見ずにレジに持って行こうとしました。

が、
思いとどまって価格を見ると、
3000円
安くはない。

ページをめくってみると、
一駅一駅の名前の由来が短く簡潔に書かれている。

面白い。

しかし、全部読むだろうか?
役に立つだろうか?
などと色々考えた結果(本を見つめながら10分経過)
金があまり無いのと(いつもだけど)
さしあたって駅名ルーツを知らなくてもいいかなと考えて、
とりあえず戻しました。

今度買おう。

でもそうなると、無くなってたり、
絶版になったりするんだよな、
などと考えだし、
無理して買おうかまた悩んだけど結局やめました。

2ヶ月くらい前、
「北海道の駅 878ものがたり 駅名のルーツ探求」
という本を衝動買いしたんです。

北海道限定の駅名ルーツ本。

今日発見した全駅名ルーツ辞典を買うと、
「北海道の駅」の存在価値はどうなるのか。

いや、あれはあれで良い本なのだ(それは本当です)
と、自分に言い聞かせて、
「全駅名ルーツ辞典」いつ買おうかなあと思案に暮れるのでした。

しかし、それより前に欲しいのは
「消えた駅名」なんだよなぁ と
また途方に暮れるどうしようもない私です。

2004年11月25日

週記を日記へ!

「blogを毎日更新しようキャンペーン」
というのを昨日決心してみました。

ま、3日坊主でもいいか
というノリで始めてみます。

先日八高線に乗ってきたんですけど、
かなり良いですよ。八高線。

ずっと以前に高麗川から高崎まで乗ったときは
山に向かって突き進む姿に感動したのですが、
先日の高麗川から八王子に向かって走ったときも、
山を突き進むんです。

いいですね。
気分良い。
紅葉もきれいでしたし。

なのだけれど、
どこかの鉄道好きな方のサイトで
「○高線って嫌いなんだよね、田舎くさくて」
という文章に愕然。

そういう人もいるんですね。
私と全く逆の見解です。
勿論いろんな人がいていろんな感じ方があって
それはそれでいいと思うんですけどね。

ローカル線に乗ろう!という系の本が
結構賑わっている(かどうかわからないけど)昨今に、
コペルニクス的発想の転換を見た思いでした。

私も「山手線、大好き」とか言えたら
都心の駅を回る気分も変わるのになと感じる
今日この頃です。

2004年11月24日

昭和初期の駅舎がゴロゴロと

川越線・的場駅
昨日は休日でしたので、ホリデーパスを使って出かけてきました。

今回の生け贄は高崎線川越線八高線です。

家を出たときは寒くはなかったのですが、
第一の目的駅の高崎線北鴻巣駅に降り立った瞬間、

「何だ此は!」

と言わんばかりの寒さ。
カメラを持つ手が冷たくて、続けて撮っていられない。
東京と埼玉の温度差は結構あるのですね。

8時頃になると気温も落ち着いてきて手が痛くなくなりました。

実は2週間前にも高崎線に来ているのですが、
ホリデーパスで降りられる範囲内で北鴻巣駅から熊谷駅までの
4駅だけ残っていたので、まずこれを降りておきます。

それから大宮まで戻り、
川越線に乗って高麗川まで順に下車。

大宮から高麗川間は、20分に一本来るので
焦りもせず、待ちくたびれもしないちょうど良い時間。
のんびりと下車。

駅舎も古いものが残っていて、
日進指扇南古谷はほぼ同じ作りで開業当時(昭和15年)の物。
的場笠幡武蔵高萩も開業当時のもので、驚愕もの。
ただ武蔵高萩は橋上駅にするのか、工事が始まっているので、
来年には無くなるでしょう。寂しいですね。
町の人にとっては橋上駅になれば便利でしょうけれど。

高麗川から八高線に乗り換えて、八王子方面に向けて
これもまた一駅ずつ順に降りていきました。

八高線は40分に1本なのでやや時間を持て余してしまう。

上下線を組み合わせて降りようと時刻表を見るのだけど、
上り列車が来ると下り列車も来るので、
全然組み合わせられないのです。

仕方なく一駅ごとに40分待ち。
そんなわけだから八高線に入ってからは
あっという間に時間が過ぎる。

拝島駅に着いたときにはもう4時。
次の八王子方面の八高線は30分後。
とりあえず駅前のロッテリアでハンバーガーを
(貧乏なんで)1個だけ買って食べる。

隣の駅も撮ろうと思ったのだけれど、
駅に着いたらあたりは暗く、これでは写真は撮れないと判断し、
そのまま八王子に抜けて中央本線に乗り換えて
帰宅しました。

先日の「いかにも都心」的な駅ではなかったので、
今日の駅巡りはなかなか楽しかったです。

もうかなり首都圏は降りたんだけど、
ホリデーパスで降りられる首都圏の駅の残り数は
80駅を超えるので、まだまだ首都圏も終わりそうにない。

今日の下車で、駅訪問数は972駅。
あと一回で1000駅イクか!?
でも冬は日が短いので一日に28駅は微妙。
来月はバイトが精神破綻するほど入っているので、
多分出かけないかな・・・。
でも18きっぷが来月10日から使用開始なんですよね。
行くとしたら18きっぷを使うかな、多分。


JR全線全駅の駅舎の写真・画像を紹介。時刻表・路線図と格闘の末めぐる鉄道の旅!秘境駅も満載